スポンサーサイト

  • 2007.01.31 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


SPACE INVADERS

「ハック」という言葉は、一般的にあまり良いイメージがないらしい。
CSSハックなどはごくごく普通にノウハウ化しているのに。
意図的にバグを利用すること自体がNOと言われれば反論の余地はないが、これまでの人生の中で、そのような局面は必ずしも少なくはなかったと思う。

SPACE INVADERS

中学生の時、爆発的に流行したこのゲームで、正当な戦い方をしている人が果たしてどれだけいただろうか。
敵がこちらの砲台すれすれまで来ると被弾しないことを利用した、いわゆる「名古屋打ち」を行わなければ、少なくとも高得点をはじき出すことはできなかった。
美しい「オーロラ」を見るためには、一番下に位置するインベーダーをわざと最後まで残す必要があった。
それより何より究極のバグは、ゲーム機自体が5円玉のまわりを潰して少々大きくしたものを100円玉と認識してくれたことだ。
世の中学生は、授業中も休み時間もなりふりかまわず5円玉潰しに没頭していた。
友人の家を訪問した時、家族中で金槌を振り下ろしている光景に出くわしたこともある。

ハックこそが人生を豊かにする

言葉にして唱えたかどうかは別として、右腕が麻痺するほど金槌を振り下ろし続けた者たちは皆、大なり小なりそんな風に感じていたと思う。
もちろん10以上も年齢の離れた彼女にそんな話をしたところで、はなから上の空でまともにとりあってはくれない。
パソコン上でバーチャルに展開するインベーダーゲームを前に、名古屋打ちをしようとして「GAME OVER」が表示された時、時の流れを痛感している自分がそこにいるだけのことだ。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM